田舎講師
片田舎の塾の講師です。 生徒との悪戦苦闘の日々を綴っています。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/10/31(金)   CATEGORY: 書籍
色川大吉『自由民権』
田舎講師のあんこです。

久しぶりに興奮しながら本を読みました。

色川大吉『自由民権』岩波書店、1981年

です。


自由民権運動を描いたものですが、自由民権運動の研究では古典なのかもしれません。

私、あんこは出来の悪い学生でした。

「生きることは戦いである」と私に言葉を贈って下さった先生は、

「ひとつの小さな歴史的事象を深く掘り下げることによって、そのことを明らかにすることと同時に、全体の流れの中での位置づけを考え、全体を問い直すような研究をしなさい。」

と、私あんこを励まして下さいました。

でも、私、あんこは当時は何が何だかよく分かりませんでした。

研究から遠ざかってしばらく時が流れて、今、少しずつ分かってきたような気がします。

何事もそうなのかもしれません。その時は分からなくても、時間が流れると少しずつ理解が深まるものなのかもしれません。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2008/10/28(火)   CATEGORY: 書籍
腹を抱えて笑う。
田舎講師のあんこです。

私、あんこは最近のお笑いについて行けず、最近テレビを観て腹を抱えて笑う、ということが少なくなったような気がします。それでも、腹を抱えて笑うことはあります。

テレビではなくて、本を読んで笑うことが多くなったような気がします。

今日はそんな「腹を抱えて笑う」ことができた本の話をひとつ。


ふかわりょう『小野妹子は男!?』

という本がございます。著者はふかわりょうです。別に私、あんこがふかわりょうに似てるから彼をヨイショしているわけではございません。爆笑でした。

この本は、ふかわりょうが学生時代に体験した「憤り」、「気まずい」、「さみしい」、「緊張」、「幸福」、そして「格言」が載せられています。

私、あんこが共感した「憤り」を紹介しておきましょう。

「消しゴムのカスをこっちまでとばしてくる斜め後ろの奴」
「ワークのはしっこで楽しそうに解説しているペンギンたち」
「メロンを食べた後ののどのイガイガ」

他にも共感できる「憤り」が沢山ありました。腹を抱えて笑いました。


生徒の皆さん。学校で感じることが出来る「憤り」や「気まずい」、「さみしい」、「緊張」そして「幸福」は学校という中でしか感じることが出来ません。もう少しで卒業ですが、学校生活の様々な所で憤り、気まずさを感じ、さみしさを体験し、緊張してそして沢山の幸福を感じて下さい。きっとそれがかけがえのない思い出になるはずです。

田舎講師の密かな願いです。
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2008/10/17(金)   CATEGORY: 書籍
成績なんて悪くてもいい。バカな大人にはならないで。
田舎講師のあんこです。

「成績なんて悪くてもいい。バカな大人にはならないで。」

私、あんこが高校1年の時の担任に言われた一言です。

私、あんこは非常に成績が悪かったのです。数学なんて目も当てられないような状態で、ついに留年の危機に立たされてしまい、進級試験なるものを受けさせられたのです。

そんな私、あんこに担任の先生は、

「成績なんて悪くてもいい、バカな大人にはならないで。」

と、一冊の本を下さいました。

三浦綾子『氷点』

です。

その時は「ありがとうございます。」と、受け取ったのですが、あまり読書が好きだったわけでもなく、むしろ「いらんことしてくれたなぁ」と思ってしまったのも事実ですが、この先生から「本を読むこと」を教わったのです。そしてもっと…もっと大切なことも。


これから大学に進学する皆さん。大学は時間が膨大にあります。そんな時、本を読んで欲しいと思います。私、あんこもこれからちょくちょく今までに読んだ本を紹介したいと思います。

先生、私、あんこは妹たちと弟たちに囲まれてそれなりにやっているようです。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © 田舎講師. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。