田舎講師
片田舎の塾の講師です。 生徒との悪戦苦闘の日々を綴っています。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/08/21(木)   CATEGORY: 歴史
続・足利氏の天下について思うこと。
田舎講師のあんこです。

今日は、以前お話した「足利氏の天下について思うこと。」の続きです。

南北朝時代

という時代区分が日本史にはございます。

日本の皇室が、後醍醐天皇の吉野の朝廷こと南朝と、足利尊氏が擁立した光明天皇の京都の朝廷こと北朝とに分裂し、お互いが皇位継承の正当性を主張し、争っていた時代です。

南北朝時代は、三代将軍足利義満の時代に終焉を迎えます。

足利義満の斡旋により、南朝の後亀山天皇が北朝の後小松天皇に三種の神器を譲渡し、以後の皇位は後小松天皇の系譜が就くことになり、南北朝は統一されたのです。

1392年の出来事です。(イザクニは一つ、南北朝と覚えましょう)

さて、こう見ると足利義満は朝廷のために一役かった英雄のような感じがしてしまいます。が、この南北朝時代を招いてしまったのは誰でしょうか?

足利尊氏
です。

足利尊氏は後醍醐天皇のために鎌倉幕府と戦い、建武の新政に一役かった武将ですが、後に後醍醐天皇から離反し、光厳天皇を擁立したため、後醍醐天皇は吉野に逃れ、南北朝の動乱が始まったのです。

まぁ俗っぽい表現をすると、孫の義満が祖父の尊氏のケツを拭いてやったわけですね。

時は流れ明治時代。

日本は天皇が治める国だ!天皇陛下が1番エライんだ!!という皇国史観の考えから、天皇家を分裂させ、しかも後醍醐天皇に弓を引いた足利尊氏は逆賊として評価されるようになります。


私、あんこは先生と栃木県足利市を訪れたことがあります。その時に足利を案内してくれた老人が言っていました。

「足利市出身というだけで、戦前は逆賊扱いをされた。軍隊では1発余計に殴られた。」

戦前は足利市出身というだけで、不当な差別を受けてしまうこともあったのですね。他にも老人は色々話をしてくれたはずなのですが、この一言が非常に印象深く、あんこの中に残りました。


先生は森高千里が好きだったと仰られていました。あんこは、先生を喜ばせたくて、森高千里が足利市を歌ったという「渡良瀬橋」の8cmシングルを探し回りました。

でも、先生は私、あんこの車には乗りませんでした。


床屋の角にポツンとある 公衆電話憶えてますか
きのう思わずかけたくて なんども受話器とったの
この間 渡良瀬川の川原に降りて ずっと流れみてたわ
北風がとても冷たくて 風邪をひいちゃいました

森高千里「渡良瀬橋」

エアコンの風がとても冷たくて 風邪を引いてしまったのは、私、あんこです。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

えりか | URL | 2008/08/21(木) 03:07 [EDIT]
んーよくわかんないんで
授業を楽しみにしてます(´^ω^`)

“警告”聴きました!
やっぱ林檎かっこいいー!
● No title
あんこ | URL | 2008/08/21(木) 11:21 [EDIT]
>えりかさん
ここは、次回の授業でやる所です。
大丈夫です。私、あんこはここが得意なんです。
ご安心あれ。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 田舎講師. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。