田舎講師
片田舎の塾の講師です。 生徒との悪戦苦闘の日々を綴っています。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/08/08(金)   CATEGORY: 雑記
徳川家康が好きです。
田舎講師のあんこです。

「織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人のうち、誰が1番好きですか?」

小学校6年生の時の先生から質問されたことです。私は当時は豊臣秀吉が好きでした。
農民から天下人になった秀吉に魅力を感じたからです。


高校に入ってからは織田信長が好きでした。
あの頃は若かったので、信長のように激しく?生きていきたい!なんて思っていたのでしょう。

今はと言えば、徳川家康が好きです。
家康の生涯は、「我慢」の一言なのかもしれません。
幼い頃から今川義元の人質に取られ、桶狭間の戦いの後は独立するも信長に利用され、信長の命令で妻(築山殿)と長男(信康)を自殺させられています。

本能寺の変の後は秀吉と争い、小牧・長久手の戦いでは善戦をするも、秀吉と講和した後は秀吉に屈服する形となっています。

小田原征伐の後の国替え(三河、遠近江、駿河、信濃、甲斐→関東)は、住み慣れた故郷を捨てる、という三河武士にとっては言葉では言い表せない屈辱だったのではないでしょうか。

それでも、関ヶ原の戦いでは勝利を収め、大阪の役(冬の陣・夏の陣)で豊臣家を滅ぼし、天下人となったのです。


我慢に我慢を重ねて、天下人となったのが徳川家康です。

「人生は今この瞬間」という考え方もありますが、「今だけが人生ではない」のかもしれません。
今の結果が全てだとは、私、あんこは思いません。

家康は天麩羅を愛したようです。私、あんこも天麩羅が大好きです。

でも、私、あんこは太りやすいので、食べ過ぎには注意しなければなりません。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 田舎講師. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。