田舎講師
片田舎の塾の講師です。 生徒との悪戦苦闘の日々を綴っています。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/11/04(火)   CATEGORY: 歴史
幼冲の天子
田舎講師のあんこです。

本日は文化の日でした。正確には昨日…なのですが。

文化の日。この日は実は戦前も祝日でした。歴史家の飛鳥井雅道が大帝と呼んだ明治天皇の誕生日、「明治天長節」です。

明治天皇は徳川慶喜の大政奉還、そして王政復古の大号令で歴史の表舞台に飛び出るわけですが、この時の天皇はまだ幼く、親政を行えるような状況ではありませんでした。

徳川慶喜が大政奉還をしたため、政権が朝廷に返り、京都御所では今後の方策を決めるために会議が開かれました。世に言う「小御所会議」です。

山内容堂は会議が終った時、無念で仕方が無かったと私、あんこは思うのです。

山内容堂は大政奉還をした慶喜を新政権の中心に据えることを希望しました。しかし、岩倉具視は猛反対です。むしろ慶喜に対して辞官納地を迫るわけなのですが、実はこの会議に当の慶喜は参加していなかったのです。容堂はそれを盾に取り、慶喜がいないこの席で重要事項を決めることに猛反対します。そして、慶喜参加の新政権を拒む岩倉たちを攻撃するために放った一言が問題となってしまったのです。

「今日の挙、すこぶる陰険にわたる。(中略)恐らくは幼冲(ようちゅう)の天子を推して権柄を窃取せんと欲する(後略)」:飛鳥井雅道『明治大帝』講談社、2002年、130頁より。

つまり、少数の公家(岩倉たちのこと)が慶喜の進退をこの会議で決めるのはいかにも陰険な考えであり、幼い天皇を担いで自分たちが政権を手に入れようとしているのではないか?という意味です。

これに対して岩倉は容堂の「幼冲の天子」という言葉を捕まえて反撃に出ます。天子(天皇)の目の前で、「幼い」というのはあまりも無礼極まるではないか!と。

容堂はこれに対して応戦することはなく、会議は岩倉主導で慶喜の「辞官納地」が決められるのです。

私、あんこは容堂は無念でならなかったと思うのです。

維新後の容堂はとにかく酒に溺れる生活だったとか。元から大酒飲みでしたが、維新後はさらに浴びる程飲んだそうです。何でも死んだ時には酒の飲みすぎで歯が一本も無かったとか。

話が山内容堂に向かってしまいましたが、11月3日は文化の日ですが、明治天長節だった時代もあるんです。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 山内容堂・・この人もまた魅力的な人ですね。
雪虫の伝説 | URL | 2008/11/06(木) 11:04 [EDIT]
彼に目を向けるあたりも流石だと思います。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 田舎講師. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。